モジュールの技術仕様


9Vバッテリーコンポーネントは、回路に電力を供給します。オン/オフスイッチが含まれているため、回路への電力をソースで制御できます。使用していないときにバッテリーモジュールをオフにすると、バッテリーの電力を節約するのにも役立ちます。 250mAの電流で、青色のLEDは電源がオンであることを示し、赤色のLEDはバッテリーが短絡していることを示します。短絡が発生した場合は、ダイオード、ヒューズ、抵抗器、コンデンサなどの保護回路を備えており、飛ばないようになっています。バッテリーはモジュールのアダプターを介して取り付けられます。バッテリーの小さい方の端子とアダプターの大きい方の端子を合わせ、バッテリーの大きい方の端子をアダプターの小さい方の端子と合わせ、押してバッテリーを所定の位置に固定します。
USBモジュールをUSBポートに接続すると、回路に5ボルトが供給されます。モジュールに電力が供給されていることを示す青色のLEDと、モジュールが250mAで短絡していることを示す赤色のLEDがあります。短絡が発生した場合は、ダイオード、ヒューズ、抵抗器、コンデンサなどの保護回路を備えており、飛ばないようになっています。
6端子DPDT(双極双投)モジュールには、1つのレバーで操作される2つのスイッチがあります。両方の3端子スイッチ(それぞれ1極と2投)は2つの接続を切り替え、2つの回路を同時に制御できます。
SPST(単極、単投)スイッチには、単一の入力と単一の出力があります。入力と出力は接続されているか、接続されていません。スイッチを切り替えると、2つの状態が切り替わり、回路の特定の部分への入力または出力を制御できます。このスイッチのこのバージョンはSPSTのように動作しますが、実際にはそのように配線されたDPDTです。 DPDTは2つの状態を切り替えるように配線されています。2つの足の接続(オン状態)と1つの足の接続(オフ状態)。
フォトセンサーモジュールには、通常のトランジスターのように機能するフォトトランジスターが含まれています。フォトトランジスタに光が当たると、ベースに電流が流れ、トランジスタがオンになり、コレクタからエミッタに電流が流れます。出力に負荷が接続されておらず、トランジスタがオンになっている場合、出力の抵抗は無限になり、電流は出力後に10k抵抗を流れます。出力に負荷が接続されている場合、電流の一部は出力の負荷を流れ、一部は出力の後に抵抗を流れます。フォトトランジスタに当たる光が多いほど、アンプとしての機能が向上し、エミッタでの出力信号が大きくなります。
ポテンショメータは、1つの抵抗を2つの部分に分割することによって抵抗を分割します。ダイヤルを回すと、抵抗器に沿ってワイパーが動きます。ワイパーはその時点で抵抗を分割し、各端子とワイパーの出力間の抵抗を変更します。ノード1とノード2の間の抵抗は常に同じで、ノード1とワイパーの間の抵抗とノード2とワイパーの間の抵抗の合計に等しくなります。抵抗を分割する機能があると、電圧と電流を分割することもでき、回路の各部に供給される電力を制御できます。
2ピンコンポーネントは、スルーホールコンポーネントを回路に組み込むために使用されます。モジュールの上部には2組のビアがあり、2つのコンポーネントを並列に配置できます。コンポーネントは、モジュールの中央にある抵抗記号の両端に挿入する必要があります。裏返すと、2x4ヘッダーが表示されます。左側の4つのソケットはすべて接続され(ノード1)、右側の4つのソケット(ノード2)も接続されています。各ノードは、それに最も近い足に接続されています。 2つ以上のコンポーネントが各ノードに1つのピンで挿入される場合、コンポーネントは2つのノードを共有するため、並列になります。
ブザーモジュールは、4 kHz固定周波数の圧電DCブザーを使用し、一方向で動作します。内部発振器が4kHzの交流電流を生成し、ピッチを作成します。発振器からの交流電圧により、圧電材料の形状が変化し、音が発生します。電圧を上げると、圧電材料の変形が大きくなり、生成される音波の振幅が大きくなり、音が大きくなります。
コネクタの一方の端にマグネットフットがあり、もう一方の端にリード線があります。これにより、描画されたトレースをブレッドボード、Arduinoポート、Makey-Makeyなどのデバイスのソケットに接続できます。
DIYボードを使用すると、より複雑なチップをトレースに接続できます。チップには最大8本のピンがあり、パッドにはんだ付けするか、スルーホールに挿入できます。ただし、スルーホールコンポーネントは、ワイヤの厚さを変えるために使用するのが難しい場合があります。足の横の番号は、各コンポーネント挿入スポットで接続するピン番号を示しています。異なるセクションを分割すると、足と他のセクションの対応するピン間の接続が切断され、ボードをカスタマイズできます。最大8ピンのコンポーネント用の4つのスポットとは別に、フィート9と10の間に2ピンコンポーネント用のスポットがあります。
NPNトランジスタモジュールには、NPNトランジスタと、それを保護するためにベースにつながる配線に抵抗が含まれています。電流がトランジスタに間違った方法で流れないようにすることによってトランジスタを保護するためのダイオードもあります。ベースフットにわずかな電流でも、トランジスタをオンにするのに十分な大きさの電流があり、コレクタからエミッタに大電流を流すことができます。これにより、エミッターとコレクターを介して、ベースの小さな変化を大きな変化として表示することができます。
Bi-LEDモジュールには、赤青のBi-LEDが含まれています。各LEDは、電流が一方向にのみ流れるようにします。 LEDは反対方向に接続されているため、モジュールは両方向で動作できます。 LEDに電流が流れると点灯します。したがって、電流が一方向に流れると赤いLEDが点灯し、反対方向に電流が流れると青色のLEDが点灯します。赤のLEDに電力を供給するのに1.8V、青のLEDに電力を供給するのに2.5Vかかります。モジュールの各LEDの前には、それらを保護するための抵抗があります。
ブザーモジュールは、4 kHz固定周波数の圧電DCブザーを使用し、一方向で動作します。内部発振器が4kHzの交流電流を生成し、ピッチを作成します。発振器からの交流電圧により、圧電材料の形状が変化し、音が発生します。電圧を上げると、圧電材料の変形が大きくなり、生成される音波の振幅が大きくなり、音が大きくなります。
モーターモジュールには、8V〜12Vで動作する小さな電気モーターが含まれています。双方向で動作します。モーターの方向は、電流の方向によって異なります。モーターへの電力を調整すると、モーターが回転する速度が調整されます。ただし、モーターは9V電源が生成できる電力のほぼすべてを必要とするため、ほとんどの場合、ダウン調整の余地はあまりありません。
RGB LEDは、単一のコンポーネント内に赤、緑、青のLEDを含むモジュールです。各色をコントロールする足と共通の接地足があります。各LEDには、それを保護するため、および3つのLED間で一貫した輝度を維持するための独自の抵抗器があります。 LEDであるため、電流は一方向にしか流れません。 LEDをオンにするには、指定された色の足の電力が地面の足の電力よりも高くなければなりません。 3つのLEDをオン/オフすることで、このモジュールで7つのユニークな色の組み合わせを得ることができます。

Language
English
Open drop down
日本語 ja